事前相談

株式会社みちうえでは、葬儀の事前相談をお勧めします。

「死の準備」や「葬儀の準備」は、不謹慎だと思われてきましたが、近年、「終活」がマスメディアで取り上げる機会が増えたことで、私たちが「自分の死」または「家族の死」について考える機会が増えました。
ご葬儀は突然訪れることで、前もって情報を集める機会は限られています。いざという時に、慌てず、不安にならないために事前相談は大きな役割を果たします。 ご自身が事前相談をされることは、“大切な家族のために負担を軽減したい”、“自分の思い描いた葬儀で送ってもらいたい”という希望に添うことが出来るでしょう。また、自身の余生を考える良い機会にもなります。
また、家族のために事前相談をされる場合は、いざという時に慌てず不安にならないことで、故人を偲ぶ心をこめてお見送りすることができます。
このように、納得の行く、希望を叶える、悔いが残らないようにするためにも事前相談をお勧めします。時間に余裕がある時にお気軽にご連絡下さい。

「葬儀の確認事項」と「葬儀の流れ」も参考にご利用ください。

葬儀の流れ  葬儀の確認事項

 

(当地域の仏式)

危   篤
親族・近親者・親しい友人への連絡をします。
 
臨   終
まずは、弊社へご連絡下さい。
 
搬   送
病院でお亡くなりの場合は、葬儀社がお迎えに上がります。
死亡診断書を受け取り、ご遺体を安置場所へ搬送します。
 
安   置
敷布団と掛け布団を用意し、ご遺体を宗派の作法に従って安置します。
また、葬儀社が用意したドライアイス等で、ご遺体の劣化を抑制します。
 
枕 飾 り
枕机の上に線香・蝋燭・樒を用意します(葬儀社)。
一膳飯は枕経までに用意します。(宗派により不要の場合があります。)
 
葬儀打ち合わせ
死亡診断書を記入します。役所の手続きは、葬儀社が行います。
喪主・世話人、葬儀の規模を決めます。
通夜・葬儀の日程・式場・内容を決めます(日程は僧侶の都合を確認する必要があります)。
遺影写真作成のため、葬儀社に気に入った写真を預けます。
  親族・近隣者・故人の知人に決定した日程や会場を連絡する。
枕   経
僧侶が枕元あるいは仏壇でお勤めをします。
用意した一膳飯をお供えし、枕経より蝋燭と線香に火を灯します。
 
納   棺
故人様に旅支度を施し、お柩に納めます。
副葬品も故人とともに納めます。
  お棺を式場あるいは、所定の位置に搬送・移動します。
  通夜開式に余裕を以って夕食をします。
通   夜
通夜法要が行われます。
  親族が夜を通して、線香・蝋燭の火を絶やさないようにします(夜伽)
葬儀 告別式
故人または喪家の信仰する宗派に則って、葬送儀礼が行われます。
 
出   棺
故人と最後のお別れをします。近親者の男性により、お柩を霊柩車に運びます。
喪主が会葬者や世話人に謝辞とお別れの挨拶を行います。
※五色台聖苑での出棺は、お柩を柩台車で炉前告別室に移動します。
 
火   葬
炉前告別室でのご焼香後、お柩を炉に納め、点火します。
(五色台聖苑での火葬時間は2時間です。)
 
お骨上げ
遺骨を箸で拾い骨壷に納めます。
 
精進あげ
葬儀でお世話になった人たちへの御礼と労を労うために「精進あげ」の宴を催します。
(当地域では、火葬を待つ間に「精進あげ」を催すことが多いです。)
 
繰り上げ
初七日法要
最近では、遠方からの遺族の手間を考慮して、葬儀当日に「繰り上げ初七日法要」を勤めることが多くなっています。
 
 
中陰壇の設置
中陰壇を自宅に設置し、火葬を終えた故人の遺骨、位牌、遺影を安置します。



事前:事前にできる項目  代行:葬儀社が代行できる項目  当日:当日にならないと出来ない項目

項  目 内  容  

01. 危篤・死亡連絡

危篤・訃報の連絡先をまとめて、リストを作っておくことで、いざという時、慌てずにご親族や友人に危篤・訃報の連絡ができます。 事前
02. ご遺体の搬送の依頼 安心できる葬儀社を決めておき、連絡先を確認しておく。
いざという時のために葬儀社と事前相談をしておくことをお勧めします。
事前
03. 死亡診断書の受理 ご遺体を搬送する際に必要な死亡診断書を受け取る。 当日
04. 搬送先に安置 ご遺体を病院から寝台車で搬送し、前もって決めておいた安置場所に布団を敷いて安置する。安置場所は「ご自宅」、「五色台聖苑の霊安室」、「ひまわりホール」など、ご都合に合わせて対応いたします。 事前
05. 通夜・葬儀日程 ご家族が、通夜・葬儀を執り行いたい希望の日程を決める。 当日
06. 斎場・式場の選択 通夜・葬儀を執り行う場所を決める。 事前
07. 式場/火葬場の予約 05.06. で決めた予定で、式場と火葬場を仮予約する。 代行
08. 宗教者の手配 宗教者に05.の日程で都合を確認し、決定する。 当日
09. 喪主の決定 誰が喪主を務めるかを決める。 事前
10. 通夜・葬儀の日程の連絡 通夜・葬儀の日程と場所を親族・世話人・勤務先などに連絡する。
01と同様に、連絡先のリストを作成しておきましょう。
当日
11. 死亡届の記入 ご親族が、死亡診断書を参考に死亡届に必要事項を記入する。 当日
12. 葬儀形式・規模の決定 葬儀の形式(宗旨・宗派)や規模(一般葬・家族葬など)を決める。
宗旨・宗派を確認し、葬儀についてイメージしておく機会が必要です。
葬儀の形式や規模は、ご家族やご親族の意向も考慮して決めるとよいでしょう。
事前
13. 死亡届と火葬許可書の提出 記入後、死亡届を役所に提出し、火葬許可書を受け取る。
火葬許可証は火葬場に提出する。
代行
14. 葬儀社との打ち合わせ 葬儀の内容を打ち合わせとし、葬儀費用の見積書を受け取る。
見積書は十分に確認する。
※事前相談で葬儀の見積もりをお取り頂けます。
事前
15. 遺影写真の選択 遺影写真用の写真は、前もって用意しておきましょう。
探すのに時間がかかり、よい写真を見つけ出すことができない場合があります。
事前
16. 関係者との打ち合わせ 世話人の役割分担を決める。 代行
17. 親族・会葬者の人数 親族と会葬者の人数をおおまかに数えておく。
葬儀の規模は親族の人数や参列者数で決まります。
それぞれの人数を把握しておきましょう。
事前
18. 会葬礼状・返礼品 会葬礼状と返礼品と葬儀社が手配します。
返礼品の種類を決め、個数や枚数は不足しないよう18.を参考に決めます。
当日
19. 当日必要な費用の準備 宗教者への謝礼金やその他買い出しに必要な現金は用意しておきましょう。 事前
20. 霊柩車・送迎バスの手配 霊柩車や送迎バスが必要かどうか、確認しておきましょう。
必要な場合は、葬儀社が手配します。
代行
21. 料理(弁当など)の手配 親族で食事をしていただける人数やお弁当の金額をまとめておきましょう。
手配は世話人または葬儀社が行います。
事前
22. 副葬品の準備 副葬品(お棺に故人とともに納める、故人の愛用品)を用意しておく。
※不燃物は納めることができません。
故人が愛用されていたものを見つめてみるのも良い機会かもしれません。
事前
23. 納棺 故人に旅支度を施し、お棺に納める。
納棺後、お柩を式場に移動・搬送します。
当日
24. 喪服・数珠の用意 着物を着る場合など、貸衣装や着付けが必要であるか確認しておきましょう。 事前
25. 通夜・葬儀での座席 座礼・立礼する人を決める。 事前
26. 供物の確認 供物の名札の名前の確認とお供えをする順番を決める。 当日
27. 焼香順位の下書きの作成 焼香順は、司会者が読み上げるため、名前にはフリガナふります。 当日
28. 弔電の整理 拝受した弔電は葬儀で紹介するため、名前やフリガナふり、順番を整理しておく。 当日
29. お別れの儀 お花をお柩の中に手向け、最後のお別れをする。 最後の拝顔です。 当日
30. 葬儀式の挨拶 喪主又は遺族代表者が、葬儀に携わった方々にお礼の挨拶をする。 当日
31. 出棺 近親者やご親戚とともに火葬場に向かいます。 当日
32. 火葬・収骨 火葬場にて火葬、収骨を行います。 当日
33. 精進あげ 食事(弁当)の金額や数量をある程度決めておく。
親族や世話人に葬儀の苦労を労うために食事を振舞う。
親族で食事をしていただける人数をある程度まとめておきましょう。
事前
*副葬品:故人ともに棺に納める愛用品など

お見積り・費用のご相談について

ご葬儀の聞きにくいこと、今さら聞けないことなど何でもお気軽にご相談ください。  
お電話でのご相談は9:00から18:00とさせていただきます。

073-489-2031
簡単お見積りはこちらからみちうえのご利用方法